詩歌作品

詩歌作品

【短歌8首】砂糖の森 − 睦月都

砂糖の森睦月都 霜月の森に入れば甘い匂ひいづれ会ふまでの時間を歩く とまり木にとりどりの鳥、鳥は鳥の骨格通り羽を広げる 刀鍛冶のごとくに研ぎてしならせて鳥は尾羽のするどさ保つ やはらかな鱗の覆ふまなぶたが音無く落ちぬ、鳥の眠りに...
詩歌作品

【短歌12首】りんごの味 – 椛沢知世

りんごの味椛沢知世 タピオカに生まれるはずが間違えたようなニキビを眠るまで触る 手首から慣れないにおいいいにおいいつもより顔まわりを触る 目がかゆいのは春か秋友だちの誕生日だいたい覚えてる かわいいと人に言われてつぶやけば口からスクランブ...
タイトルとURLをコピーしました