歌会記

うたポル歌会記―睦月都、吉田恭大、温(2021年9月9日)

参加者 睦月都(むつき みやこ)@xen_00 かばん所属。「神保町歌会」「うたとポルスカ」運営。 吉田恭大(よしだ やすひろ)@nanka_daya 「北赤羽歌会」「うたとポルスカ」運営。塔。第一歌集『光と私語』(二〇一九年...
詩歌作品

うたとポルスカ通信vol.2 井の頭公園時間差吟行編+特別ゲスト作品公開のおしらせ

2021年8月29日、第2回オンライン短歌市開催にあわせて期間限定配布しました「うたとポルスカ通信vol.2」の内容に、今回新たに特別ゲストをお招きし、Web公開します。 「うたとポルスカ」のフリーペーパー第2弾。今回は『井の頭公園...
詩歌作品

【井の頭公園時間差吟行】八月二十二日(日) — 温

八月二十二日(日)温 一つ目の巨人が出たというそれを見に井の頭公園へ行く 日曜の朝7時ってテレビこんなおもしろいんだ…もあったりしつつ バスってのかいこの乗り物はいいねぇとバスをペチペチしてるおじさん 車窓には青い住宅街をゆく人たち...

【ブックレビュー】『サワーマッシュ』(谷川由里子)

(執筆者:温)  この本の表紙は不思議な色をしている。何色と表現すればいいんだろう。遠い国の海の色みたいな感じ。つるつるして光沢のあるこの紙には、「SOUR MASH YURIKO TANIGAWA」と印字されている。 開くと目次が...

【ブックレビュー】『それぞれの街に降る雨についての数行』(朱位昌併、千種創一、𠮷田恭大、2020年)

(執筆者:温) 「それぞれの街に降る雨についての数行」は、活版作家・増本綾プロデュースの活版印刷による詩歌の作品集です。 詩人の朱位昌併、歌人の千種創一、吉田恭大の三人による作品に、それぞれアイスランド語、アラビア語、中国語の翻訳を...

【ブックレビュー】『サーキュレーターズ 短歌時評』(土岐友浩、2019年)

(執筆者:温) 詩の読者のための短歌時評という機会を与えられて、僕が自分に課したことはふたつ。ひとつは現代短歌の注目するべき作品を、できるだけ幅広く取り上げること。もうひとつは短歌形式の本質を掘り下げていきながら、詩との差異を明らか...

【ブックレビュー】『稀風社の水辺』(執筆者:温)

 稀風社が出しているから『稀風社の』と付く。じゃあこの本の本体は『水辺』か。『稀風社の水辺』。ここは水辺です。  著者は、稀風社の三上春海と鈴木ちはね、そしてゲストとして参加している水沼朔太郎の3人と記されている。この人たちがたとえ...
歌会記

りんてん舎歌会記(2019年10月5日)

 歌会の楽しさは評にあると思う。  短歌には評という文化がある。他の界隈でも評論や批評は存在するが、短歌の評はそれらと比較してやや独特だ。評論はジャンルの中でも限られた人しか行わないけれど、短歌の評は作者、あるいは場に参加する人の多くが行...
タイトルとURLをコピーしました